煙管道

長い道のりになるんだろうな…

新しい煙管(きせる)を買ってみた。



今回買ったのは一番上のやつ。
羅宇(らうorらお=管部分)が竹でできている。
羅宇の材質や長さによって、煙草の味も変わってくる。
竹のは良い味らしい。
確かに柔らかく感じるかも…?
ぶっちゃけよく分からないが、
金属製のモノとは味の質は違うな。
美味しい気がする。
気がするだけでもいいや。

上から2つめのは、羅宇も金属でてきてるので、
ジップロックに放り込んで、消毒用アルコールでジャブジャブして、
ヤニを浮かせて最後にプーっと息で吹き出せばOK。
掃除がとても楽。

最近買ったものなんだが、
材質の問題なのか、
吸い終わった後、火種が抜け落ちにくくて困っていた。
あまり高いモノでもないからガンガン叩いてたら、
あっという間に雁首がガタガタになった…

今回買ったのはこの金属製のより圧倒的に軽い。
当たり前のことだが、コレ結構重要だなと思った。

あと、金属製のや他のと比べても、
羅宇がちょっと太かったり、
火皿(葉っぱ詰める部分)がちょっと大きめだったりする。
吸った感じはかなり良好。
いい買い物したかも。
値段も2000円と、今まで買ったのと変わらないけど、
ちょっと大事に使おうと思う。

上から3つめは、前から使っていた小町煙管ってやつ。
掃除の都合もあり、雁首(先端)を引っこ抜いて、羅宇を少しカットして短くしてある。
この羅宇は、竹に見えるが実は木でできてるらしい。
鉛筆みたいに成形してあるのかな?
よくわからんが、割れたり先端が変形したりと色々問題がある。
安いから、ダメになる度に買い換えていたが、
安いと言っても、今回買ったのとそう大差はない値段。

一番下は延べの豆煙管。
延べってのはパーツに別れていない一体型のもので、
地金を叩いて伸ばして作ったもの。だと思う。
パイプ状のものだし、つなぎ目は一切ないし、きっとそうなんだろう。

金属製のものは、掃除がとにかく楽。

あと、
雁首から吸い口までの間の、煙の冷却度合いで味が変わってくる。
金属製だとその冷却効果が高いので、味が柔らかくなるんだが、
それには煙道(羅宇)の長さも大いに関係あるわけで。

あんまり短いと、普通のタバコと同じでキツイ。

コレは可愛いし、持ち運びに便利だから常に携帯しているが、
使う頻度はそれほど高くない。

値段もお手頃だった。

う〜ん…

やっぱり、今回買ったのはとても良いな…

吸いやすい。

火皿の形状もサイズもあってか、とにかく火種が落としやすい。

煙道の太さもヘビースモーカーなオレには丁度良さげ。

タイプによって全然違うんだねぇ〜

いずれは、純銀の延べ煙管を…

純銀だと煙の冷え具合が素晴らしく、味も格段に違うらしい。

しかしまだ、煙管に70000円出せるような身分じゃねえ!

いずれは!!

4 Responses to “煙管道”

  1. shigetta! より:

    カツーンとやってみたいです。興味津々。
    でも煙草吸わんしなぁ…
    キセル道頑張ってください!!
    カタカナだと意味違うなぁ…
    煙管道ガンバッテクダサイ!!

    • tohtering より:

      大事に使ってる煙管ですが、
      なんだか面倒になってきて、ついカツーン!をしてしまいますな。
      7万の純銀延べ煙管の前に、雁首と吸い口だけでも自作してみようかと画策中。
      そうすると、さらなる研究が必要になってくるんだろうなぁ〜!
      ガンバリマス!!
      自分のために!!(笑

  2. ゆきこ より:

    シルバーで作るとか!!
    ないけい・・?(^^ゞ

    もーアレ以来キセルが怖い・・笑
    一気に吸い過ってビックリしただよ(@_@;)
    んでもかっこいいよね♪
    おいらんになりたい♪

    • tohtering より:

      うん、そうなの。
      アートクレイシルバーで金属パーツだけでも作れないかとは思っている!!
      でもあれ、強度的な問題とか色々あるからなぁ…
      でもきっと作ってみるだろうなぁ…
      作ってみてえ!!

      アートクレイがダメだったら、ワックス彫刻に手を出すかも…?

Leave a Reply