黒米カレー選手権のこと

Posted in とうたりんぐ on 2010年11月18日23:57 by こみずとうた

二日間、
楽しかったなー!
面白かったな~!

さて、
『黒米カレー選手権』とは!?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カレーの起源

ーそれは、釈迦が人々を病から救うために
様々な薬草をブレンドして作ったものだと言われています。

時は流れ天平時代

奈良の大仏開眼供養会の大導師を努めたのは、インドから来た僧・菩提僊那(ぼだいせんな)。
彼は故郷のスパイスを持ち寄り、カレーを作ったのかもしれません。

正倉院からは黒胡椒などのスパイスが見つかっています。
日本でのカレーの歴史は奈良から始まったのです。

釈迦や菩提僊那が人々の健康を気遣い振る舞った

慈しみのカレー

そのカレーに、春日大社などで神様にお供えされてきた黒米と
奈良県産こしひかりを炊き込んだごはんを添えたものが

奈良独自の黒米カレー

一三〇〇年の時を越え、慈しみの心を現代に伝えるために黒米カレー選手権を開催致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜チラシより〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ルールは

15チームが参加。
お客さんは黒米ご飯とチケット2枚を購入し、
15チームの中から、食べたいと思ったカレー2品を選ぶ。
そのどちらか『美味しい!』と思ったチームに投票する。

2日間分の得票数を集計し、
上位4チームが決勝トーナメントに進む。

決勝トーナメントは1対1の勝負。
ここからは、9人の審査員の方々に食べてもらい、
より多くの審査員票を得た方が決勝に進み、
同じように決勝戦が行われて、その勝者が優勝!!

とまぁこういう大会だったわけです。

ぶっちゃけヒヤヒヤもんでした。

まず、関西では『お肉=牛』でしょ?
そこで『豚カレー』ってのはどうなんだろ?といった不安。

そして、オレのこの豚カレーって、
かなり普通というか、『いわゆるカレーライス』なわけで…

そしてそしてこの大会のルール、
15チームの中からまず選んでもらわなきゃ始まらないわけで…

それでも!!
今までケイタリングでやってきた、
現場のみんなが美味しい美味しいと喜んでくれた、
やらかい豚バラ肉がゴロゴロ入った『豚カレー』でいこう!と。
いつも通りでいこう!と。

お祭りだからね!
楽しめればいいや!
楽しまなきゃ損!!
なんて思いながらも、不安だったなぁ〜!!
初日の朝なんかもう本当に不安で不安で…(笑

最初の一つが売れたときは嬉しかったなぁ〜!!!

その後も順調に売れ、
大きい豚肉を見て『凄え!』って興味を持ってくれる方や、
その豚肉を見て『下さい!!』って言ってくれる方、
『美味しかった!』ってわざわざ言いに来てくれる方や、
『おかわり』を買いに来てくれる方…

嬉しかった〜

奈良でできたお知り合い、お友達もたくさん来てくれました。

空いた時間に、他チームのカレーもたくさん食べました。
それぞれ凄く個性的で、いろんな味を楽しめました。

しかしなにしろ15種類!
2日かけても全部は食べきれなかった…

2チーム選べって、お客さんにしたらそりゃ酷な話やで…
カレーチケットを追加購入すれば何品でも買えるんだけど、
お腹がね…(笑

でも、
そして、だからこそ、
たくさんの方に、15チームの中から選んでもらったこと、
そしてそして、
選んで食べてくれた方が『とうたりんぐの豚カレー』に投票してもらえた。
決勝トーナメントに進めたというのは、そういうことなんだ。

多くの方に喜んでもらえたんだ!!

スタッフさんから、
『決勝トーナメント進出です』
って言われたときにはもうね、
すぽーん!
っと頭真っ白になりました。
めちゃめちゃ嬉しいんだけど、なんかもうホント真っ白でした。

本当に…
ありがとうございました!!!

そして決勝トーナメント、
9人の審査員さんたちの前に自分でカレーを持って行き、
ちょっとしたコメントをマイクで喋り…

本当はね、
テーマである『慈しみのカレー』ということで、
『食べてほっこりする』ようなカレーを目指したとか、
当時は大変に貴重だったという『黒胡椒』を多めに使ってみたとか、
見た目的に『黒米』に合うように、
カイエンペッパーやパプリカを使って『赤味』を強くしてみたとか、
いろいろ考えてたんだ け ど ! !

何にも言えなかった…
もう完全にすぽーん状態だった!!!!

ここらへん本当にダメダメだなぁ…
反省!!

でも本当に、
楽しくて、
嬉しくて、
実りの多い豊かな2日間でした。

改めて、
選手権に遊びに来てくれた皆様、
『とうたりんぐの豚カレー』を選んでくれた皆様、
『とうたりんぐ』に投票してくれた皆様、
準備から当日まで協力してくれた皆様、
選手権スタッフの皆様、
選手権に参加した皆様、
ありがとうございました!!!!!

食べてほっこりする料理、
来てほっこりするお店を目指して、もっと頑張ります!!