ウォッチメン【劇場版】を観た

Posted in 感想文, 映画 on 2009年5月6日10:17 by こみずとうた

数日前だが、
『早く行かなきゃ終わっちゃう!』
『これは劇場で観ておきたい!!』

ってことで行ってきた。

新宿バルト9で深夜に一回しかやってなかったから、
酒飲んだ後で、うっすら眠気を感じながらも行ってみた。

レイトショーは一律1000円!!
お得に感じていたんだが、
いざ入ってみるとコレが狭え狭え…

そしていざ上映開始!!

かと思ったら…

長々と下らねえアニメが流れる。
バルト9の良さや説明のアニメのあと、
それに出てくるキャラのオリジナル短編まで流れる…
これが長え長え…
蛙男にゃ罪はないが、
ちょっと蛙男が嫌いになってしまったよ…

サービスのつもりかな?
こっちゃ映画観に行ってるんだ。
履き違えちゃいけないぜ?

まぁまぁさてさて、
いよいよ本編がスタートしました。

この『ウォッチメン』ってのは、
アメコミ原作で、
登場人物(ヒーロー)が多い、
そのヒーロー達は、1人を除いてみな普通の人間、
(コスプレの正義漢や変態)
数十年に渡る時間の中、
それぞれの人生が丁寧に描かれ、
それぞれの物語が複雑に絡み合い、
やがてそれが収束していき、
エライコッチャなクライマックスへと…

まぁ長いんだわ。

こんな長いの映画にできんの?
◯部作じゃなくて1本で…?
原作めちゃめちゃ面白かったけど、
まんま映画にしたら地味じゃね?
改変するなら映画にする意味なくね?

とかいろいろと思うところがあった。

 

 

 

思ったまんまだった…

原作に忠実な作りでね、
本っっっっ当~~~に!
見事!!ってほどに忠実だと思う。

『あ、あのコマだっ!』

とか、凄い再現です。

凄いんだけどな…

『映像化!』ならいいのかもしれんが…

あれは『読む』のには適してるけど、
『観る』のに適してるかというと…

どうなんだろうなぁ… 

 

原作まったく知らない人にはキビシかったんだろうなぁ〜

オレも途中ちょっと寝ちゃったし(笑

 

DVDは『完全版』として発売されるらしい。
泣く泣く削除されたシーン等が追加されるとか…

もっと長くなるのかよ…!

と思いつつも、かなり期待している。

Tags:

ミスト見た(未見の人はスルーしてね)

Posted in 感想文, 映画 on 2009年4月13日03:44 by こみずとうた

今日も映画見た。

今日の映画は、
スティーブン・キング原作の『ミスト ( THE MIST ) 』 のDVD。

俺スティーブン・キング大好きだったのよね。
最近のはやたら長ったらしくて、正直あんまり好きじゃないんだけど、
昔のちょうどいい長さのとか、短編集とか大好き。

この『ミスト』も確か短編集に入ってたもんだった気がする。
かなり昔に読んだ記憶がある。

短編だからか、内容はだいたい覚えてたんだけど、
終わり方がどんなだったか微妙…

この映画の売りは『震撼のラスト15分』とかなんとか。
結末あんまり覚えてないからちょうどいいかな? 

 

ネタバレする気はないんだけど、
ネタバレに近いもんがあるかも…?
これから感想書くんで注意!!


 

ああ…

え〜っと…

 

あああああああああああああああああああああああ!!!

 

うわああああああああああああああああああああああああああああ!!!

 

ノオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

 

 

う〜ん…
どう書いて良いもんか…

 

あああああああああああああ!!
どう書いたらいいのかなあああああああああああ!!

 

書きようがねえええええええええ!!!!

じゃあ点数つけるか点数!!

 

う〜ん…

 

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん…

 

よし!
見えないように黒字で書こう!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ラスト以外は糞面白かったぞ糞がっ!!!

なんなんだこの気分!!

わー!
嫌いじゃない!
ラスト以外はマジで糞面白かった!!
好きだああああああああああああああ!!!



手に汗握る!


息を呑む!


マジで怖い良質なキング映画だ!!

カメラワークというか、
ところどころドキュメント風だったりも効果的っ!


出演者の演技も良い!

クリーチャーのデザインも秀逸!
というか凄え好き!!


でも… 

なんだこのラストはああああああああああああ!!!!

こんちくしょう!! 

ダラボンめぇ〜!!

ダラボン!!

てめえええええええええええええええ!!!!! 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

あぁ〜…

ふぅ…

明日(?)も仕事だ…

酒呑んで寝るか…

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

Tags:

久々にちゃんと映画見た(DVDで)

Posted in 感想文, 映画 on 2009年4月12日16:19 by こみずとうた

最近は、深夜や昼の地上波映画を録画したのとかしか見てなかった。
それもiTunesに入れてiPhoneで寝る前とかに見てただけ。

久々に初見の映画をDVDで、Macの画面で見た。

それというのも、
最近コンビニのレジ前に並んでるDVD見て、

『あ、SAW4… 買ったのに見てねえな…』 

『アレ…? SAW5…? 4じゃなくて…?』

『5っていつやったんだ…?』

そんなこんなで、
買ったまま眠っていた『SAW4』と、
そんじゃま、ってコトで買った『SAW5』を立て続けに見た。

 

う〜ん…

 

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん…

 

なんか、どんどんワケワカラナクなってるな…

時系列のトリックはシリーズ最初からあったような気がするけど、
なんか、もうワケワカラン域に達してるような…

1から一応ちゃんと(?)繋がってるし、
以前のゲームのタネ明かし的なコトも描かれてたり、
ジグソウという人物のコトもイロイロ語られているんだけど…

5作も見返そうとは思えんからなぁ…

決してつまらなくはないんだけど、
ゲームのギミック面やなんか、少々ショボく(雑に)なってきてるというか、
逆に、こんなん個人が用意できるかいな?って部分も…
そりゃ5作も作ればネタも尽きるか… みたいな感は否めないかな。

個人的に、3のガッカリ感が突出してたんで、
それもあってか、4と5はそれほど悪い印象ではないんだけどね。 

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。



アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

Tags:

金で買える幸福

Posted in お買い物, 映画 on 2005年11月27日16:41 by こみずとうた

いやらしいタイトルである。

だが、これは紛れもない事実なのである。

幸福と呼ばれるもの。
そのうちの幾つかは、実際に金で買えるのだ!!

金で買えるのだよ!チミィ!!


バァァ〜〜〜〜ック!!

トゥーザフューチャー!! イエーイ!!!

割と最近、このシリーズのDVDをバラで買いそろえたばっかなんだけどね…
Amazonかなんかでコレの発売を知ってね、
『アホか… 買ったばっかじゃ… こんなもん…』
なんて思っていたんですが… 思っていたんですが…

“豪華特典”のトコをよ〜く見てみると…

買うでしょコレ普通…
BTTFシリーズ好きだったら買うっしょ??
いや、絶対買うって!!
つーか買え!!まだあるみたいだから!!
お前らも買えええええええ!!!!

すいません…
取り乱しました。

でもね、オレが興奮するのもわかるっしょ?

ほら…
これ… ちゃんと金属よ?
デロリアンがタイムスリップした後に落としていったアレ!!!


ね?

ほらほら!!!
キューブリックって奴!!
似てねぇけどさ!!可愛いっしょや!?
デロリアンはタイヤ動くよ!!!!!

これ!!!ドクからの手紙!!!!
西部開拓時代にすっ飛ばされたドクから!!!!
まぁ、印刷で古い感じでね、紙質はすごく綺麗だったりするんだけども…
これ開くときはマジで興奮したぜええええええええ!!!

そんでこれがポストカード6枚セット。これはまぁ… まぁアレだね。
あとは
“デロリアンのペーパークラフト”
“三部作のブックレット”
“なんか小さいシール”

ペーパークラフトとか… もったいなくて組み立てられないよね…

つーかマジで!!!

同世代でBTTFがちょっとでも好きな奴はコレ買った方がいい!!!

別にAmazonの回しモンでもアフィリなんとかでもねーから見てみれえええええええ!!

ネバーランドという映画を観て

Posted in 映画 on 2005年9月4日17:47 by こみずとうた

泣きました。
アタイ泣きました。
心地よい後味でござんした。

でも実際に涙がこぼれたのは、
いわゆる【泣かせシーン】【泣けるシーン】ではなかった。

じゃあなんだったんだ?
ちょっと語ってみよう。

ご存知だとは思うが、
劇作家のなんとかバリが、かの有名な『ピーターパン』を生み出したお話。
実話を元にした映画だそうだ。

スランプ状態のバリが公園で出会った家族。
美しい未亡人と4人の子供たち。
三男のピーターは父の死をきっかけに心を閉ざしていた。

この家族、この子供たち、ピーターとの交流を経て、
バリは『ピーターパン』の着想を得て作品を作り上げていく。
そして次第に心を開くピーター。
だがバリを、その家族をあーじゃこーじゃうんたらかんたらムニャムニャ。

正直、ストーリーはまぁ別に語る気はない。

オレが泣いたのはね、
バリが完成させた『ピーターパン』の初演の開演シーン。
客、客席、舞台、俳優、
それらをゆったりとしたカメラワークで見せるシーン。

なんかここでドヴァーっと決壊した!!

とても不思議な気分。
映像、音響、美術、衣装、カメラの融合したもの、
映画(映像)自体に泣かされたのだろうか?

ドラマの前フリが効いていたのか…?
『うぉぉ…完成してよかったのぅ…!!』ってことか?
いや、それは違う。 ん〜? 違わないか…?

でもやはり前者の方が強いんだと思う。
雄大な景色にため息をもらすような、
絵画を観て感銘を受けるような、
言葉もわからない音楽に涙するような…

きっと、目にしたそのもの自体に揺さぶられたんだろう。

とにかく綺麗な映画だった。

そして大事なのは、その初演シーンの観客たちの描写。
初めて観る、初めて体験することに目を輝かせ、
その驚き、その喜びを素直に受け入れられる幸せ。

映画の黎明期、
まだまだ娯楽・エンターテインメントとして確立する以前、
スクリーン奥から突進してくる機関車の映像に観客は失神したという。

そのような“驚きくべき初体験”は、今の世では得難いものだ。
もちろん一概には言えないし、
オレが体験してないだけのことは多々あるだろうけどね。

既存のものを改良し更なる高みを得ることはできても、
今まで無かった物が生まれるようなコトはほとんど無いだろう。

既成概念をブチ壊すような“事件”に飢えているのかもしれない。

“芝居”が金持ちのための高尚なものとされていた中、
突如としてそれをブチ壊した『ピーターパン』を目にした観客。

“芝居”自体に縁も無く、初めて劇場に足を踏み入れ、
初めて芝居を、『ピーターパン』を目の当たりにした孤児院の子供たち。

この観客たちのリアクションが非常に心地よく、
“事件に飢えた現代人のオレ”を映画により一層引き込んでくれた。

オレはあの時あの劇場に居た。
顔をクシャクシャにして見入る紳士と、
ひたすら素直にそれを楽しむ子供たちと共に居た。

一本の映画を成す全ての要素が、
完全なバランスで融合した完璧な映画だった。

映画館で観なかったのが悔やまれる歴代NO.1です…