鶏玉丼
トウタリングの大きな鍋でも、『親子丼』は何度か作りました。
しかし、野外でカセットコンロで温めるなど、火力などの問題で、
卵が上手いコト、こう、ふんわりとろーりにならないことがあるんですね。
そこで、色々と考えたり試行錯誤したり、この形に辿り着いたんです。
『変形親子丼』とも、『変形三色丼』とも言えるこのメニュー、是非お試し下さい。




@


はい、材料でーす。

・鶏もも肉・
高いとかなんとかありますけど、むね肉はダメー。

・ほうれん草もしくは小松菜・
どっちでも美味しいです。

・玉子・
ここでは温泉玉子を使います。
温泉玉子の作り方は別途記載してます。
市販の温泉玉子もありますよ。

・長ねぎ・
親子丼だと玉ねぎが主流ですが、長ねぎでどうぞ。

・干ししいたけ・
ウマー

・おろし生姜・
これまたチューブのでいいです。

・片栗粉・
とろみが大事です。宜しくお願いします。

・ゴマ油・
嫌いな人も多いようですが、是非とも使って欲しいです。

・つゆの素・
・醤油・
・料理酒・
・みりん・
つゆの素は、裏面に“丼もの”用の比率が書いてあれば、
それでいいと思います。





A

作りましょう!!

・まずは、ほうれん草をナムルのようにします。
沸騰したお湯に塩を放り込んで、しんなりするくらいに茹で、
迅速にザルにとるなりして、ガーっと冷やします。
水で冷やします。
割と短めに切っておくと食べやすいこと請け合いです。

・味付けは、醤油、つゆ、で最後にゴマ油をタラっと。

・次に、鶏肉を下ごしらえします。

・ゴマ油で炒めます。
このとき、生姜で臭いを消しつつ、
適当につゆの素で味を入れておきます。

・火が通ったら、フライパンに出た脂を捨てましょう。

・お湯でも水でもいいので、鶏肉が浸るくらいにジャー!

・醤油、みりん、酒、つゆの素で味を決めます。
玉子と一緒に食べるので、
『あれ?結構ショッパイっすよ?』
ってくらいにするのが大事です。

・ここで、少し生姜を入れておくと、
ほんのり香っていい塩梅です。

・戻しておいた、干ししいたけを投入。

・弱火でふつふつやっててください。

・手の空いたうちに、長ねぎを斜めに切っておきましょう。

・鶏の方は、照りが出たりしていい感じになったら、
水溶き片栗粉でとろみをつけましょう。

・ねぎは食べる寸前に投入して、
しんなり感とシャキシャキ感が同居するくらいがいいです。




B

食べましょう食べましょう!!

・丼にご飯を盛りましょう。

・ご飯の上に、まんべんなく、ナムルをのせます。

・とろみのついた鶏肉を、その上にのせちゃいます。
もちろん、タレもジョワーっと。

・さてここで温泉玉子の登場です。
真ん中にぽっこりと落としちゃってください。


完成でーす。


七味唐辛子をお好みで〜

コレはですね、
玉子を崩しながら、肉にも菜っ葉にも絡めながら食べるんです。

ガーっと食って下さいませ。