写真はコチラ


@


はい、まずは材料から。

・タコスの素・
コレは最近売ってる、ひき肉を味付けするスパイスミックスですね。

・合い挽き肉・
本当は牛挽き肉を使うみたいだけど、オレはコレ。

・たまねぎ・
これも本当は使わないみたいだけど、使います。

・ケチャップ・
もしくは
・ホールトマト

・野菜ジュース・
塩が入ってるやつ

・クレイジーソルト・

・クミン(粉)・

・カゴメのチリソース・
砕いた野菜とか、レモンとか入ってて美味しい

・リキンキとかのチリソース・
中華用のチリソース

・タコスのソース・
サルサソースでも可

・レタス・

・トマト・

・おろし生姜・
チューブのでいいよ

・チーズ・
美味しいチーズを見つけるのも楽しいですね。



A

まずは“タコミート”から作ってみましょう。

・玉ねぎをみじん切りにして、適当に炒めます。

・合い挽き肉を、おろし生姜で臭みを消しながら炒めます。

・挽き肉から出る脂は捨てましょう。

・炒まったら、挽き肉と玉ねぎを合わせます。

・いい感じに“タコス・スパイスミックス”で混ぜながら炒めて、

・ホールトマト(ダイスカット)とか野菜ジュースとか入れて、

・あ、ケチャップ入れてもいいです。

・弱火か中火で混ぜながらコトコトします。


じゃあ、その間に野菜を切りましょう。

・トマトは半切りした上で縦に薄くスライス。

・レタスは適当に食いやすいように切りましょう。
普段はレタスは手でちぎるんですが、
この場合は、細めに包丁で切った方がよかったです。

・切ったレタスを水でジャバジャバすると、臭いも消えてシャキシャキします。


タコミートが焦げないように気を付けて下さいね。


ふつふつ水気を飛ばしてる間に、タコソースを作りましょう。


・カゴメのチリソースとか、ケチャップとか、タコス用の瓶詰めのソースとか
いろいろ混ぜると美味しいんですよ。

・ビリっと辛いのがお好みなら、辛口のサルサソースとか、
中華料理用のチリソースを混ぜてみましょう。


ほら、そうこうしてる間に、タコミートもいい感じです。


水気は飛ばしすぎないようにしてみて下さいね。

浮いてくる脂はどんどん捨てちゃいましょう。



B

仕上げます。

・タコミートは、クレイジーソルトやクミンやオレガノなどで、
最終的な味の調整をしましょう。

・仙台味噌が、隠し味としてはオススメなんですが、
どうでしょう、好みですよね。


ああ、もう出来ましたよ。

もう食べましょう!!


・ご飯を盛りましょう!!

・水気を切ったトマトとレタスを、ファサっとのせます。

・出来上がったタコミートを、野菜が隠れないように綺麗に盛ります。

・混ぜておいたタコスソースをチョチョイとたらして、

・チーズをパラパラっとトッピング。


見た目にも美しい

『タコライス』

の出来上がりです。


お肉、ソース、チーズなどは、ホント好みで適当にしましょうね。


好みの問題、見た目の問題ありますけど、
レタスが皿から落ちたりするのがイヤなので、
オイチャンは丼で振舞ってます。





















オレ式タコライス
『ホテルハイビスカス』という映画の撮影で、沖縄へ行きました。
そこで食った“タコライス”、とても美味しくて面白く、
早速メニューに取り入れるに当たり、
米に染み込む感じで、よく絡み食べやすく、食感も色々アレしようと、
牛だけでなく、豚の挽き肉も使い、酸味や甘味のため、ホールトマトや玉ねぎを入れ、
炒めるというより、ふつふつと煮込む感じで、
多少、水気の残るくらいにして作ってみました。