幾つかのページに別れています。
ご希望のボタンで進んで下さい。

        

最初のページでは、“トウタリング”の説明をチョット。




それでは説明しよう!!

しつこいようですが、とうたくんのケイタリングなのです。

で、そもそも“とうたくん”って誰?って方は“p”へ
そして、“ケイタリング”ってなによ?って方は“c”へ
お手数ですがアレしてみてください。
      



『トウタリング』
その名前の由来


はいコレ実は、

トウタ+(ケイタ)リング=トウタリング

ってな感じに自分で考えた造語のようですが、
そうではないんですよね。
間違いと言うか、言葉遊びですね。


『トウタリングのけいたさーん!!』


『いや… エーット… ケイタリングのとうたですけど?』


アタクシの、この仕事のデビュー作である、
『MISTY』という映画の現場でのやりとりです。

非常に気に入ってます。この名前。


とうた飯(トウタメシ)

トウタリングの料理を、こう呼んでもらい、
手前味噌では御座いますが、
なんだかんだで、撮影現場という世界にこう、
浸透したというか、親しまれてるというか…
恐縮です。

現場に行って、

『お!今日はとうた飯なの?うおー!』

なんて言われるのが嬉しくて嬉しくて。

独自のスタイルを確立し(2度目)、
良くも悪くも、お弁当や他のケイタリング屋さんとは違う、
新しいその、なんつーか…
ね、
やってますヨ。


別ページでも述べましたが、
とかくハードな撮影現場です。
時間的制限や、予算的な制限や、
はたまた、場所によっては、条件的な制約もあったり、
食事というものが、なかなかどうして、
満足に得られないことも多いようです。

冬の寒空で、
夏の炎天下で、
慢性的な睡眠不足で、





文章、途中です…
(お察しください)

エヘエヘ